鍵をワンドアツーロックする

ドアやサッシの防犯対策をする上では、ドアやサッシの鍵をワンロックにするのではなく、ワンドアツーロックとするのが理想的です。それは、ワンドアワンロックですと、もし泥棒に鍵を開けられそうになった時、ひとつの鍵だけを開錠すれは中に入ることができます。
ワンドアワンロックの状態ですと、開錠する時間も短くて済みますし、周囲の人に気付かれずに侵入することができるのです。

しかし、ワンドアツーロックの状態ですと、ひとつの鍵を開錠してもドアは開きません。もうひとつの鍵を開錠しなければドアを開けることは出来ないのです。ですから、当然のことながらワンドアワンロックの状態よりも、ワンドアツーロックの状態の方が開錠に手間取るわけです。開錠に手間取っているうちに、周囲の人から不審がられ、警察に通報してもらうことができ、ドアを開錠される前に警察に来てもらえることで、泥棒の侵入を防ぐことが出来るのです。

このように、ドアのロックを二段構えにしておくことで、泥棒は開錠の手間がかかります。そうすることで、空き巣被害という犯罪を抑止する効果があるのです。空き巣被害抑止の点から、ドアをワンドアツーロック状態にしておくのが理想的と言えるでしょう。

コメントを残す