鍵に関する犯罪の手口と対策法

古くから鍵は、安全と財産を守る大切な部品として活用されてきました。裏を返せば、これを破られれば様々な危険に直結することに他なりません。事実、犯罪というものは、それを切っ掛けに始まるものです。それを予防するためには、手口をよく知って、対策を打つことが欠かせません。

鍵の犯罪といえば、ピッキングのような、部品そのものへ細工するものを考えがちです。穴に針金を突っ込んで弄るようなシーンは、映画などでもよく見かけます。しかし実際には、さらに大胆な手口で犯行に及ぶことが少なくありません。近頃多発しているのは、ドア自体に穴を開け、その隙間から器具や手を侵入させ、鍵を内側から回すものです。中と繋がっている新聞受けなども狙われやすいですし、ドアの横にある窓から手を伸ばすこともあります。

こうした犯罪の手口に対処するためには、内側からでも簡単に開けられない工夫をすることが大切です。鍵の内側にカバーをかけたり、つままないと開けられないものなどは、その一例です。
専門業者に交換を依頼すれば、こうした新製品を推奨してくれます。犯罪は、出会ってから対策をしたのでは何にもなりません。手口に対抗し得る手段をとり、不法侵入を許さない方法を充実させていきましょう。

コメントを残す