補助錠を取り付ける時は

防犯面を考えるとドア一枚につき、鍵は二つ以上ある方が安心感があります。ただし、補助錠を自分で取り付けるやり方がインターネットなどでも紹介されていますが、プロに任せるのが無難です。なぜなら泥棒からすれば、素人が施工したものの方が開けられる確率が高くなるからです。

さて、専門家にお願いする前に、賃貸物件に住んでいるなら管理会社に連絡しておきましょう。勝手にやってしまうと退去する際に、原状回復のためにいくらかの費用を支払うことになってしまいます。それからドリルで穴を開ける場合があるため、多少の騒音が出ますから、近隣の住人に一声かけておくとトラブルを避けられます。

また、補助錠を付けると安全にはなるのでしょうが、もともとあったものを含めて複数の鍵を持ち歩かなければなりません。紛失する確率が高くなるため、そんな時は同一のもので解錠と施錠ができる鍵もあるので相談しておくと良いです。

もしもドアに傷を付けられない場合は、挟み込むタイプの補助錠なども売られています。このようなタイプの鍵の多くは、外から施錠すると中からは開けられなくなります。おかげで子供やお年寄りなど、勝手に家を出ないようにしたい場合は便利です。

コメントを残す